ストリートアカデミー藤本が熱く語る@beezランチ会レポート

日付:2012年10月19日金曜日 カテゴリー:






















beezカフェFacebookページの写真です。




こんにちは!


今日はストリートアカデミーおなじみの
渋谷電源カフェbeezさんでランチ会がありました!
今日はゲストとしてなんとストリートアカデミー代表の
藤本がお話をさせて頂きました!


beezスタッフの鈴木さん含めて参加者5人で
藤本を囲む形になり、美味しいお弁当を食べながら
有意義な時間が過ごせたのではないでしょうか?



ストリートアカデミーに関する熱い想いと共に色々と
興味深い話しがでましたのでこのブログを通して
お伝えいたしますね♪



ポイント1】
ストリートアカデミーはクラスの質にこだわる!




















みなさまのおかげでクラスを開催して頂く数は
どんどん増えてきておりますが、実はサイト上に
掲載されているものは藤本によって選別させて頂いたクラスです。

先生のクラスにかける情熱や個性をしっかり汲み取り、
場合によっては、よりよい内容にするために
メールでやりとりをさせて頂きながら
一つのクラス紹介ページを完成させています。
せっかく学びたいという想いでサイトをご覧になって頂いても
質の低いクラスばかりだと学ぶ意欲もなくなっちゃいますからね...

そういったミスマッチを無くすためにクラスのクオリティには
こだわりを持ち続けるとのことです。
また開催場所も最初は東京であえて限定することで
狭く内容の濃いコミュニティを作っていきたいと話してました。




【ポイント2】
現場でのコミュニケーションが重要


















ご存じの通りストリートアカデミーはWEBサービスですが
藤本が今、行なっている活動はPCの前で作業することでは
ないと言います。それは何かというと先生になって頂けそうな
方に会ってお話をするなり、実際にクラスに参加して空気感を感じるなり
教育関連のイベントに登壇したりなど外で人と会うことに
集中しているということです。

ストリートアカデミーはWEBサービスですが、
WEB上で行えることはクラス(先生)と生徒を
マッチングさせることだけで、ストリートアカデミーの
本当の価値は実際の教室で判断されますからね。
人と人が実際に触れ合うサービスだからこそ
現場での肌感覚を重要視していると話していました。





【ポイント3】
ストリートアカデミーはまだまだ生まれたばかり














ストリートアカデミーはまだまだ砂の粒程度で
0→1の段階、どんどんこれからその粒を大きくしていく
と話していたのが印象的でした。
また、開催されるクラス一つ一つの
クオリティ・コントロールも重要ということで、
その際に「教える場所」のコミュニティマネジャーとなる
beezの鈴木さんのような人々の協力が
心から助けになるということです。
他のコワーキングスペースの方々ともこれから
よりよいリレーションが築けるのが楽しみです。


また最後に教える人にむけたアドバイスとしては
自分が教えるものにかけるパッションが重要という
言葉もおもしろかったです。その教える人がもつ情熱を
軸に学ぶ参加者たちへ繋げ、そこから生まれる
刺激と出会いを創造したいとのことです。



この藤本のお話はまた別の切り口で
愛妻家の大田さんがブログにまとめてくれています!
※これはHtch Coworkでお話させて頂いた際のレポートです。


あなたの教えるとは、何ですか?
ストリートアカデミー代表の藤本がその議題について
お話しをするクラスは今度11月9日に開催されます。
教えること、学ぶこと、そして起業にかける想いについて
少しでもご興味のある方はぜひお気軽にご参加くださいね。
『あなたの「おしえる」とは?』




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...