住むだけじゃない!話題の3つの学べるシェアハウスをご紹介

日付:2012年11月15日木曜日 カテゴリー:


















今、人々はモノを所有するという考え方から
モノをシェアする考え方へとシフトしてきているというのは
こちらの記事こちらの記事でも説明してきたことですが
ここ日本に関しては3.11の東日本大震災が人々の価値感の
変化に大きく起因した事は否めない事実でしょう。


ソーシャルメディアが普及し始めたタイミングでもあり、
”人と人の繋がり”が今まで以上に重要視されたことが
今の”シェア”ブームの基盤になっているとも
言えるでのではないでしょうか。
そういったシェアの流れですが、特に今ピークに
達していると言えるのが「シェアハウス」という
ライフスタイルの形だと思います。


気の合う仲間との繋がりを最大限に感じることが
できるのがこのシェアハウスだと思いますが
それこそ若者を中心にしたシェアトレンドの
代表格と言えるでしょう。


そしてストリートアカデミーがそこに注目した理由の
一つとして今、”住む”だけではなく”学び”を共有する
シェアハウスがここ最近徐々に増え始めていると感じたからです。
そこで今回は学べるシェアハウスを3つご紹介します。




PGHouse プログラミングを学べるシェアハウス




こちらはその名の通りプログラミングを教えたい、学びたいと
考えている人たちのための豪徳寺にあるシェアハウスです。
現在は12名で住んでおり主にプログラマーが8割弱を占めています。


外部からゲストを招いて技術に関する勉強会をしたり、
また住人同士に少数のグループにわかれてWEBサービスを
開発したりとWEBが大好きな人にとっては素晴らしい
環境ともいえるシェアハウスです。
最近ではこういったものを作ったそうで。


壁は一面ホワイトボードでプロジェクタやAppleTVも
完備されており、ストリートアカデミーを活用して
プログラミング講座などコラボできれば面白いかもしれませんね。







家中留学














こちらは英語を学びたい日本人と日本語を学びたい外国人の
ための言語学習をコンセプ卜としたシェアハウスです。


上記PGHouseもプロデュースしたColishというサイトで
今最も力を入れているシェアハウスで、11月18日まで
家中留学、第2次メンバーを募集しているといいます。
効率良く語学を学べるだけでなく、外国人と常時
コミュケーションできることで国際感覚も鍛えられそうですね。

まだスタートしたばかりのシェアハウスということで
今後の展開が非常に楽しみです。






東京もぐもぐハウス
















ここは「おいしいご飯」で笑顔になれる
シェアハウスの東京もぐもぐハウスです。
その名の通り「ご飯」をコンセプトにしており
サイトを見ると食欲をそそる本当に美味しそうな料理と
住人達の日常の写真がお出迎えしてくれます。


「学ぶ」というコンセプトではないですが
彼らの美味しそうな愛情溢れる手作り料理から
食べる喜び含め、多くの大切なものを学べる気がします。

それにしてもとても美味しそうな料理ばかりです。
ぜひお料理教室を開いて欲しいものですね...




以上、PGHouse、家中留学、もぐもぐハウスと
コンセプトが明確に打ち出されている注目すべき
学べるシェアハウスをご紹介しましたがいかがでしょうか?


これらは共通の興味関心を持つ人々が一つ屋根の下で
暮らすという、いうなれば昔の”村”的な発想の
取り組みです。まさに今のシェアという原点回帰の
考えにフィットしたライフスタイルと言えるでしょう。


ストリートアカデミーでも実践されている
”興味関心を軸とした人と人の学び合い”というのは
こういったシェアハウスのトレンドをみても
まだまだ世の中に必要とされているものだと再認識できます。


コワーキングスペースやシェアオフィスだけならず、
今後このようなシェアハウスとも積極的に
コラボレーションしていけるよう頑張ります。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...