個人の仕事をサポートする、3つのオンライン請求書管理サービス

日付:2012年12月12日水曜日


















「大企業は安全」という神話が崩壊した今、
より一層、組織に所属しないフリーランスとしての
生活を選択する方や、または身近なメンバーと起業する方は
どんどん増えてくるでしょう。


ストリートアカデミーもこれから確実に来る(来ている)
個人の時代を見越して、幅広いスキルを人々の繋がりの中から
掴みとって欲しいという想いを元に運営されているサービスです。



講師として活躍できるストリートアカデミーもそうですが
今やクラウドソーシングやソーシャルメディアの繋がりを通して、
個人でも十分に暮らしていける仕事を手にすることが可能になりました。
そこで今回はストリートアカデミーも願う、「各個人が輝く時代」
より加速させる請求書管理サービスを3つご紹介したいと思います。





MakeLeaps


















日本におけるフリーランスを対象とした
請求書管理サービスにおける大本命といえるのがこのMkaeLeapsです。
「個人や中小企業はもっと自分たちの取り組むべき
問題にフォーカスすべき」という理念をもって
このサービスw起ち上げたのがオーストラリア出身の
Jasonでストリートアカデミーもよくしてもらっているナイスガイです。


なんといっても会計事務所とパートナー提携していることや、
郵送サンプル送付サービス、電話によるサポート、
国際ビジネスの対応など競合と差別化できる点が
多く有るにも関わらず、使いやすいという
非常によく考えられたサービスと言えるでしょう。





misoca















こちらはMakeLeapsをよりシンプルにしたイメージの
請求書管理サービスです。なんと言っても一つの機能に
特化している分、バツグンに使いやすいインターフェイスが
ここの特徴です。個人レベルでのお仕事であれば十分
事足りますね。シンプルなサービスが好きな方には
ぜひオススメです。



ZOHOインボイス

















逆にカスタマイズ性の高いサービスがこちらでしょう。
入金管理、レポート、ユーザー設定、さらには
モバイルからの送付も含めて多彩な機能があるだけでなく
請求書管理以外にもベンチャー向けのクラウドサービスを
得意としているのがZOHOです。残念ながら欠点としては
米国のサービスであるので請求書の郵送対応が海外からになってしまい、
期間と料金が余分にかかってしまう点がありますね。




以上、ストリートアカデミーおすすめの3つの
オンライン請求書管理サービスをご紹介しました!
今やあらゆるデータはクラウドで管理する時代ですが、
もはや請求書や見積書なども当たり前のように
クラウドで管理できる時代なんですね。


そういったクラウドだけでなく、スマートフォン、ソーシャルメディアという
新しい技術が普及するということは、”個人が活躍しやすい社会"
なるのを意味します。組織単位でなく、ユニークなスキルや考え方を
もった個人がもっともっと表に出てくる世の中で、
価値あるサービスとしてストリートアカデミー
多くの人に使って頂きたいと私達は考えています。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...