〜ソーシャル性向上機能についてのお知らせと背景にある想いについて〜

日付:2013年1月10日木曜日 カテゴリー:,
















ストリートアカデミーでは本日、ソーシャル機能を
向上させる機能をリリース致しました。


これまでは教えるユーザー、つまり先生のみの
プロフィールを公開して頂いていましたが、これからは
「まなびのつながりを提供するコミュニティ」への発展を目指して、
学ぶ側のアクティビティに関しても可視化を行って行きます。


リリースした機能変更を簡単にまとめますと:



1.各講座のクラスページにて”参加予定のユーザー”
  ”いつか受けたいと思っているユーザー”が見えるようになりました。

2.また全ての方のユーザーのプロフィールに、
  教えている講座の情報と学んだ講座一覧を表示可能にしました。

3.これらを表示させるか否かについては各々のユーザーが、
  ユーザーアカウント設定画面にて選択出来るようにしました。


これらの機能変更に関しては、チームで色々と議論した末、
みんなで学ぶというカルチャーの活性化を目指すにあたり
必要であるという判断に至ったものです。
このブログをご覧頂いている皆さまへその結論に
至った背景の考え方をぜひお伝えさせてください。



ストリートアカデミーの目指す世界観では
「学びのコミュニティ」というコンセプトが重要なキーワードであり、
私達は「みんなで教えてみんなで学ぶコミュニティ」の育成を目指しております。

















そんなコミュニティの実現と活性化には、
新しい知識やスキルを教えてくれる「先生との出会い」のみならず、
学びを共に体験する仲間とのふれあいからくる
モチベーション、刺激、クリエイティビティの
活性化などもとても重要です。


学びの活性化と質の向上には利用者同士が
リアルな場で出会い、繋がり、刺激しあう事が
もっとも重要な役割を果たすのではないか、
というのが我々の仮説です。


その為に、facebookとの連動を高め先生の教えたデータの
見える化を推奨し、更に教える形式として、
個人レッスンではなく、先生 対 複数人という
イベント型の講座の開催を推奨してきました。


一方、サービス開始当初より、利用者のプロフィール開示の
プライバシーの配慮にも気を配ってきました。
2012年の8月にローンチした当時から今まで、
ユーザープロフィールを一般公開して頂くユーザーは
教えている方のみに限定し、学ぶ方のプロフィールは
一切開示しておりませんでした。

これはローンチ前に行ったヒアリングにて
「自分が何を学んでいるかという情報は
プライベートな情報であり他人に知られたくない」
という声があったからです。


しかしながら、実際にサービスを開始しますと、
多くの利用者にとって、個別の講座に参加するかどうかの
意思決定を行う際に、先生がどういった人であるかということのみならず、
生徒側でも「誰が参加するのか」ということが
重要な判断ポイントになっているという事が明らかになりました。

















「出会い」というコンセプトは、ウェブ上では「出会い系」など
の言葉により時としてネガティブなトーンで使われる事も多いですが、
教育においては、出会いは非常に重要です。

学びという事の本質は出会いであると言っても過言ではありません。
それは「学ぶことで見えてくる新しい自分との出会い」であり、
「先生との出会い」であり、「仲間との出会い」でもあります。


より気軽により楽しくまなべるコミュニティの
活性化を追求するにあたり、ストリートアカデミーは、
(勇気を持って!)コミュニティ内でのユーザー同士の
”教える”と”学ぶ”のアクティビティの可視化を推奨したいと思います。


まなびを通じた健全な出会いを実現して下さい!


出会って刺激を貰って一緒に学んで下さい。
先生やコンテンツと同様に、面白そうな人がクラスメートで
いそうであれば参加して見て下さい。そして是非、
まなびの見える化を体験しみて、そのフィードバックを
ストリートアカデミーまで寄せて下さい!
(コメントはこちらからお願いします)


勿論、色々な考えの方がいらっしゃると思いますので、
プロフィール開示に関しては、勿論各々のユーザーさん各自が
選択できるオプションを設けてあります。
開示に対して消極的な方は、ユーザーアカウント設定から
プロフィールの非開示設定を選んで頂ければと思います。


それでは皆さん、Happy Learning!










Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...