あなたのパワポが魅力的に!無料で使えるインフォグラフィックツール3選

日付:2013年6月25日火曜日 カテゴリー:


みなさん、こんにちは!
今回は講座で必須となる資料作りのお話です。

今までに受けた授業や習い事で配られた資料を思い出してみてください。白い紙に並んだ文字ばかりのありきたりな資料ばっかり。読む事もなく授業の後そのままゴミ箱へ捨ててしまった経験、ありませんか?


レッスンやワークショップといった講座を開催する際には、何らかの説明や資料が必要です。資料作成に時間をかけたのにも関わらず、せっかくの資料がゴミ箱へ捨てられてしまう事ほど先生として残念な事はないでしょう。

今回は、ゴミ箱に捨てられない様な魅力的な資料について紹介していきたいと思います。
ストリートアカデミーで教えている方だけではなく、資料作りに携わるすべてのビジネスマン必見です!


話題のインフォグラフィックで情報を素早く簡単に!


「インフォグラフィック」という単語を耳にした事はありますか?インフォグラフィックとは、情報や統計データを視覚的にあらわし、情報を素早く簡単に表現できるツールです。



上の図の様な物がインフォグラフィックです。どうですか?文字ばかりの資料よりも目を通してみようという気持ちになりませんか?

特徴としては、

1)      カラフルなデザインで人々の好奇心をかきたてる
2)      読む人を飽きさせない
3)      伝わりづらい数値や専門知識を図で簡単に

などが挙げられます。

作ってみたいけどコンピューターの知識やデザイン能力がない!
そう思ったあなた、この様な資料はデータとアイディアさえあればネット上で簡単に作る事ができるのです。それでは、無料で使える3つのツールをご紹介します。



1:「infogr.am」エクセルをカラフルなグラフに!





infogr.amは、Excelなどのスプレッドシートを取り込み、そのデータをわかりやすいインフォグラフィックにできる無料のシステムです。

30種類以上の様々なグラフを作成したり、地図や人型マークで分布や量を表したりできます。

英語バージョンしかないのですが、作り方は至ってシンプル。英語力に自信がない人でも使いこなす事は可能です。作成したインフォグラフィックは、PNGPDFとして保存するか、オンラインで公開する事ができる、とても便利なシステムです。



2:「Easelly」カタログを見て選ぶだけ!




このシステムはサイトに投稿されている様々なインフォグラフィックの中から好きな物を探し、テキストを変更して自分の資料を簡単に作り上げる事ができるシステムです。

デザインは限られていますが、テキストを変えたりグラフを追加したりするだけで独特な資料を作る事ができます。このシステムも英語バージョンなのですが、印象的・魅力的な資料作りのヒントがたくさん詰まっています。



3:「Wordle」文字で鮮烈な印象を残す!



ワードルは、テキストを挿入するだけで上の様な図を作る事ができるシステムです。

作り方はシンプル。テキストを何回も挿入するだけです。テキストの挿入回数によって文字の大きさが変わり、挿入回数が多ければ多いほど図の中の文字が大きくなる仕組みです。文字のレイアウトはランダムですが、背景色と文字色を変える事は可能です。

テーマに関する言葉を使ったワードルを作ったり、ディスカッションに出て来た言葉を使って作ったりと、使い方はあなた次第。こうして図にしてみることで、「ディスカッションで大切だったキーワードは何だったかな?」などの文字情報を客観的に見る事ができます。

また、視覚的な刺激があるので、単純に羅列されたワードを見るよりも、”Fun(楽しみ)”の要素が入り、ぐっと印象的になります。このワードルは日本語でも使用可能なので、ぜひ挑戦してみてください。





以上、infogra.ameasellyWordleの3つをご紹介しました。気に入ったインフォグラフィックツールはありましたか?


インフォグラフィックを使う事によって、あなたのレッスンやワークショップに参加した生徒に強い印象を残す資料を作る事ができます。一般的なありきたりな資料ではなく、教える人の個性が出る資料作りをする事によってよりユニークなレッスン=「より印象に残るレッスン」作りに役立つのではないでしょうか。

ストリートアカデミーでも人気の講座の先生方は、資料にもこだわりをもって自分の個性を表現しています。わかりやすく、覚えてもらいやすい資料を使って、生徒さんの満足度が高いレッスンを目指しましょう!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...