サービス開始一周年の振り返りと社名変更のお知らせ

日付:2013年8月16日金曜日 カテゴリー:,



こんにちは、代表の藤本です。

ストリートアカデミーのサービス開始から1周年が経ちました。このタイミングにて、改めてサービス立ち上げからの軌跡を振り返ると共に現状とこれからについてお話出来ればと思います。




ストリートアカデミーは、2012年の8月15日、個人によるウェブサービスとして開始しました。
2012年8月末時点でのトップページ

ウェブに関しての素人であった私が一人で立ち上げた為、コンテンツを事前に集める努力など全くしておらず、初日に掲載出来たのは、やっと1ページが埋まる程度の講座9つのみ。先生は全員知り合いでした。メディアにも認知されずにサイトを公開し、リリース後1週間、登録してくれたユーザーはたったの50名でした。ウェブサービスとしてはかなりの「大失敗」でしたね(汗)。

私のウェブ業界に対する無知さもあったのですが、どうしても完成したサイトを自分で見てみたいという想いの方が強く、コンテンツよりもプロダクトの事しか念頭にありませんでした。サービスを公開した後のユーザーをどう集めるか、コミュニティをどう育てるかなどについては完全に考えが及んでおらず、そのお陰でサービス開始後は「プラットフォームサイト」を自称しているにも関わらずコンテンツもユーザーもいないという何とも恥ずかしい状況に呆然としたのを今でも覚えています。

待てども一向に誰もサイトを使ってくれる雰囲気でこなかったので、まずは外に出て先生集めを兼ねてニーズのヒアリングを行いました。通常はプロダクトをローンチする前にテストをしてある程度フィードバックを得て「検証」が出来た後に一般に公開するというのが常識かと思いますが(後になって知りました)、常識の無かった私は、とりあえず作ったサイトを一般に公開した状態で検証を行っていったという形に等しいです(あまり真似しない方が良いと思います)。

数ヶ月かけて特に教えたい人のニーズを探り、集客PRから講座のプロデュース、開催スペースの紹介などを時に人海戦術で支援して行く中で、半年ほど経った頃から徐々に想いに共感して下さる方がサイトに来て下さるようになり、ウェブサービスとしての成長モードにエンジンがかかってきた、という感じです。


<ストリートアカデミーの現状>

そんな紆余曲折がありながらも、すこしづつ成長してきたストリートアカデミーの現在の状況について共有したいと思います。




8月15日現在サイトの利用状況ですが、ざっくり言うと:

・累積受講者数: 2,000人以上
・講座数       350講座以上
・講座開催実績: 440回以上

となっています。

先生側のヘビーユーザーという意味では:
・講座を72回開催し、延べ168人を教えた先生がいます。
・一つの講座で132の「受けたい」登録を獲得した講座があります
・ストアカを通じて、累積 65万円を稼いだ先生がいます。
・ストアカでの実績を見た法人顧客からストアカのサイトを通じて研修講師のお仕事をオファーされた先生なんかも出て来ています。

同じく学ぶ側のユーザーの中には・・・
・ストアカでウェブ開発を学び、今では自分でアプリを開発している方がいます。
・ストアカでDJを学び、実際カフェでBGMを回した方がいます。
・生徒として11の講座で学び先生として24人を教えるという、まさに「おしえて」「まなぶ」ユーザーの方なんかも現れています。

勿論上記の規模感はウェブの世界では本当に小さな数字であり、事業としてはまだまだ盤石とは言えません。機能やリアルな部分を含めたユーザー・エクスペリエンスについても、ユーザーの皆様に満足して頂けるレベルに至っていないというのが現状です。
そういった意味では、ストアカは本当にまだスタートラインに立ったばかりです。

ただ私はいつもここがインターネットの素晴らしいところだと思うのですが、ウェブのサービスは、いつでも更なる工夫と改善の余地があり、何度でもやり直しが効くという点において、未来の成長軌道は必ずしも過去の軌跡とは連動しません。ストリートアカデミーも、今後については過去とは非連続の成長を実現して行きたいと思っています。


<社名変更について>

上記の成長を後押しする今後の更なる認知向上に向け、本日、会社名をサービス名と揃えた形の「ストリートアカデミー株式会社」に変更する事を決定しました(詳しくはプレスリリースをご覧下さい)。



英語表記の社名であったという事の難しさと、最近メディアに取り上げられる事も多くなり、別々の社名とサービス名を両方とも認識して貰う事の煩雑さを踏まえ、サービスも会社名も、「ストリートアカデミー」(短縮して通称「ストアカ」)の名称で統一化していくことにしました。ストアカはこれからもユーザーコミュニティの皆様と共に成長して行きます!是非ご支援の程よろしくお願い致します。


<今後ストリートアカデミーが目指す社会について>

ストリートアカデミーは「誰もが自らの持っているスキルや知識を他人と共有する事で、お互いから何でも気軽に学べる社会を創る」という世界を目指しています。

この価値観を実現するのは「シェア」の文化の浸透が重要だと思っています。

Rachel Botsman著のSHAREという本にも書かれていますが、「シェア」という概念は、コワーキング・スペースやカー・シェアリングなど有形固定資産の分野においては、既に新たな生活スタイルとして広まりつつあります。

一方「スキル」という無形固定資産の分野において、シェアという言葉はまだまだ発展途上段階にあります。ストリートアカデミーは知識やスキルを「シェアする=分かち合う」文化を浸透させることで、社会における全て個人にとって新しい分野に踏み出したり何かにチャレンジしたりするハードルを低くし、一人でも多くの方がやりたい事に従事している社会に近づけたいと思っています。

新たな文化を創って浸透させるということは生半可な事ではありません。ユーザーの行動を促す機能を創り込むという事の他に、新しい価値観を提唱するコミュニティを作って行く必要があり、また多くの方に安心して参加して頂けるよう、ユーザーの行動を規律するルールや仕組み作りなども強化していく必要があります。

それらを整備しつつ、今年の課題である、全国展開のスタートに向けて、思いっきりアクセルを踏んで行く予定です。

これからやらなければいけない事は盛り沢山ですが、今まで私一人では出来なかった事も、今ではチームメンバーに支えられ、出来るようになってきています。これから、より多くの人々にとって新しい学びへの最初の一歩が気軽に踏み出せるよう、「教える」と「学ぶ」をつなぐ場作りを様々な地域にて実現させて行きたいと思います。

引き続き、皆様ご支援のほどよろしくお願いします。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...