先生必見!生徒さんの緊張をほぐす3つの米国流アイスブレイク手法

日付:2013年9月26日木曜日 カテゴリー:

こんにちは、ブログ担当のの井端彩乃です。

先生のみなさん!初めてのレッスンをする時、どうやったら初対面の生徒さんとのやりとりがスムーズにスタートさせれるだろうかと、不安に思うことありますよね。

初めてのレッスンで緊張するのは、生徒さんも同じです。レッスンが始まる前に、一人ひとり自己紹介をするなどして、場の雰囲気を和ませてから本題のレッスンやトレーニングに入った方が、レッスンをより良い実りあるものにできます。


また参加者同士が仲良くなれる場作りをすることで、楽しんでリピーターになって貰えるかもしれません。話し易い環境作りをするのも、講師の腕の一つではないでしょうか。

アイスブレイク - 張りつめた氷を打ち壊そう!

アメリカでは、学校の初めてのクラスや会社のトレーニングなど、初めて顔を合わせる人がいっぱい集まる時に、必ず“アイスブレイク”を行います。

言葉の通り、氷を打ち壊すという意味です。

アイスブレイクなしでいきなりグループ・トークに入ると、緊張感がなかなか解けず、学びへの不安もあり、ぎすぎすした場になってしまうかもしれませんよね。

そこで今回は、初めてのレッスンでのアイスブレイクに有効な、簡単なゲームを3つ紹介します。ちなみにアメリカでは大人のワークショップでも必ずアイスブレイクのゲームが行われます。



1.   名前ゲーム

クラスメイト全員の名前を覚えるのはとても大変ですよね?
でも、このゲームなら楽しく、そして驚くほど簡単に全員の名前を覚えられてしまいます!

やり方はいたってシンプル。一人ずつ、自分の名前と名前の頭文字から始まる形容詞を言うだけです。

例えば、田中さんは「楽しい田中」など、他の人が覚えやすいように形容詞を自分の名前につけます。

難しいのはこのあと。次の人は、自分より前に自己紹介したクラスメイト全員の名前と形容詞を復唱しなければならないのです。順番が後ろの人ほど、たくさんの名称を覚える必要があるのですね。

簡単でバカらしいゲームかと思う人もいるかもしれません。でも、このゲーム、必死に覚えたり間違えると笑いが起こったりするので、ゲーム終了時にはほぼ全員がみんなの名前を覚えられるのです。

その人がどんな形容詞を使うかで、それぞれの個性やユーモアも見い出せるのも、楽しいポイントです。

2.   普通じゃない共通点探しゲーム

普通じゃない共通点?!なんのことでしょうか?

このゲームはとても簡単。生徒さん同士でペアを作り、3分間で「普通じゃない同じこと」を探すゲームです。

例えば「2人とも10歳の弟がいる」、「お母さんの誕生日が一緒」など。人間って意外なところで共通点があったりするものです。

普通じゃ考えられない共通点をあえて探して見つけることで、初対面同士のぎこちなさを取り除くことができます。このアイスブレイクは特に大人同士のディスカッションが発生するレッスンにおすすめです。

なぜならば、普通の会話や見た目だけではわからない、根本的なところで共通点を誰とでも見つけられる、というコンセプトなのです。これは単に仲良くなれるというだけでなく、ディスカッションで相手の意見を尊重するということに繋がるため、重要視されています。


3.   人間ビンゴ

日本語だと少しヘンですが、これも面白いアイスブレイクのひとつです。

先生が生徒さんやレッスンの内容にあったビンゴを作成します。普通のビンゴと違うところは、数字の代わりに簡単な文章がビンゴのマス目に入っているところです。

例えば、英会話のレッスンの人間ビンゴでは「アメリカに留学したことがある」、「外国人と英語で話したことがない」などのちょっとした文章がビンゴのマスに入ります。

生徒さんは、ビンゴの紙を持ち歩き、マス目の文章が合致する人を見つけ、その人の名前をマスの中に入れていきます。

レッスンの大きさにより、ビンゴを早く完成させた人が勝ちにしたり、全部のマスを埋めた人が勝ちにしたりと、ルールを柔軟に変更できます。

そして、勝った人はそれぞれのマスに入っている人の紹介をします。どの人がどんなことができるのかということを皆で楽しく知ることができる、ビンゴゲームです。


普通の自己紹介では伝わらないこと

ユニークなアイスブレイクのゲーム三種類、如何でしたでしょうか。

何も一人ひとり名前や出身地を言う通常の自己紹介が不十分だというつもりはありません。

ですが、今回紹介した形のように、ひとひねり入れたゲームだと、楽しくお互いの名前を覚えながら、生徒同士の微妙な違和感や緊張感を取り払うことが可能です。

新しいレッスンを始めるときは、ユニークなアイスブレイクで生徒さんを惹きつけて、参加したことの楽しさを印象付けるのは、きっと生徒さんの受講体験にとってもプラスになる筈です。なにごとも、はじめが肝心です!是非次回のレッスンでお試しあれ!


Photo: Some rights reserved by Generation Progress, Flickr.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...