運動が苦手なあなたが今すぐヨガを始めるべき3つの理由

日付:2013年10月3日木曜日 カテゴリー:


こんにちは!ブログ担当の井端です。

夏の厳しい暑さもおさまり、すっかり秋の風が心地よい季節となりましたね。秋といえば運動の秋!

朝活でも流行しているヨガは、実は運動が苦手な人にこそ始めてほしい運動です。そして、ヨガはただ単に体を動かしてポーズを取る運動ではありません。深く呼吸しながら精神を集中させて、頭をクリアにさせて自分というものを感じるという体験ができるのです。

ちょっとカラダを動かしても汗をかかなくなり、過ごしやすい今だからこそヨガを始めるべき理由を3つ、ご紹介します。




1.  いい姿勢キープで健康をキープ!

ヨガはただのストレッチだと思われがちですが、それは大間違いです。ヨガは普段あまり使わない筋肉を意識的に動かして、カラダのインナーマッスル(体幹)を鍛えます。インナーマッスルを使うことで、カラダを内側から元気にすることができます。

ヨガは、普段の生活で崩れた骨格や姿勢を矯正することができます。そもそも、ヨガとは古代インド発祥の修業法で、姿勢を正して精神統一をするために行われているものです。なので、良い姿勢で行う必要があるというのは当然なのですね。

また、ヨガによって肩こりが治ったり、冷え性が改善されたりと、日常生活では気付かないカラダのズレを補正できます。カラダを内面から鍛えることで、より健康的な生活が送れるようになります。内側が鍛えられると、自然とぜい肉や外部の余計な部分が引き締まってきて一石二鳥です!


2.  集中力を高めて効率的に

ヨガをする時に大事なのは、集中力です。複雑なポーズを取ってカラダを伸ばす中で、一点に集中してカラダのバランスを保ちます。

指の上にペンやほうきを乗せてバランスを取って遊んだこと、ありますよね?簡単にいえば、ヨガで使う集中力はこのバランス取りの時に使う集中力と同じです。ペンのバランスを取る時は全神経を指先に集中しますよね?ヨガは、それをカラダ全体で行うイメージです。「瞑想」をしながら、カラダ全体で集中力を鍛えるのです。

ヨガを続けていると、自然と日常生活の中でも集中力の使い方が上手くなっていきます。ヨガで鍛えた集中力を活かして、毎日の生活でメリハリのある、無駄のない時間を過ごすことができます。その余った時間をさらにヨガに使ったり、他の単発レッスンにトライしたりできてステキですよね!


3.  深い呼吸で心からリラックス

ヨガを習うと、上手な呼吸の仕方も学ぶことができます。ヨガはかなりの集中力を要しますので、深呼吸をすることで最大限のリラックスを図りましょう。

呼吸は、私たちが一時も休まずにしている行動で、内蔵の機能を改善して免疫力を高める働きがあります。呼吸のプロセス1つひとつを意識するで、血液の流れも良くなり、冷え性や腰痛などの改善にも繋がります。

上手に呼吸できると、心拍数を安定させてカラダをリラックスさせることができます。「疲れたくない」という理由で運動から避けがちですが、ヨガは疲れるどころかむしろ日頃の疲れをリラックスして癒す効果バツグンなのです。


集中力とインナーマッスルを鍛えつつ、深呼吸で筋肉を上手に休めてリラックス。ヨガは、カラダにメリハリのある筋肉の使い方を教えてくれます。めまぐるしい毎日のなかに、10分間だけでもヨガでカラダをリラックスさせる時間を与える。そのカラダに対する少しの優しさで、疲労度もずいぶん変わってくるでしょう。

カラダを内面から整えて、メリハリのある生活習慣を教えてくれるヨガ。
運動が苦手な人でも気軽に挑戦できる運動です!興味がわいたら今すぐトライしてみてください!

ストリートアカデミーでもバラエティあふれるヨガの講座が続々登場していますよ♩


参考:





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...