意外と便利!?身近なモノを共有しあう日本のシェアサービス5選

日付:2013年12月27日金曜日 カテゴリー:

ちょっと街に出かけた時に雨に降られてしまったとき、500円出せばコンビニで傘を買えるけれどもったいないから濡れるのを我慢しよう…。来週末に高校時代の友達の結婚式があるのだけれど、手持ちのドレスに合った鞄が壊れちゃってて、買い換えたいのだけれどあまりお金もないし…。そんな経験、あなたもありますよね?

同じような悩みを抱えたことがある人はとても多いもので、その悩みに狙いを定めたシェアサービスが実はたくさんあるのです。今回はモノのシェアに焦点を絞って、5つのサービスをご紹介します。



BtoC型のシェアサービス>
SHIBUKASA




ユーザーニーズ:
ちょっと買い物や遊びで渋谷に来たときに、荷物になるのが嫌で傘を持ってこなかったら案の定雨に降られてしまうことがしばしば。せっかくオシャレして歩くんだしこういう時に傘を借りられたら嬉しいんだけれど。
サービス概要:
渋谷の街でただで傘を借りられるというサービス。企業や家庭で余っている傘を、シブカサ提携店のカフェやアパレル店からだれでも借りることができます。きちんと返却すれば50円分のポイントを貰うことができ、使うたびにお得なのが嬉しいです。
シェアの目の付けどころ:
誰も損をしない、誰もが嬉しいというのがモデルとして綺麗ですね。傘を貸し借りするときに、ちょっとしたコミュニケーションも生まれます。こういう小さな積み重ねが、渋谷の街を心温かいものにしてくれるのでしょう。

○駅リンくん


ユーザーニーズ:
徒歩やバスでも十分だけれど、ちょっと出先の足に自転車があったら嬉しい。家から自動車で行くにはちょっと遠いし…。さすがに家から自転車で回るのは難しいしなあ。
サービス概要:
JR西日本地区限定のサービスですが、駅近くで自転車を借りることができます。月単位のレンタルと1回利用のレンタルがあり、いずれも格安。地元民にも出張や旅行で訪れた人にも嬉しいサービスです。パンクをはじめ各種故障修理もお店が行ってくれるので、安心して利用することができます。
シェアの目の付けどころ:
痒いところに手が届くサービスだったことに加え、なにより価格の安さが魅力です。1300円/月2,0003,000円なので駅前に駐輪場を借りるよりも安く済むかもしれないくらいです。レンタカー事業の一環として行っているサービスのため、同業他社にも広がっていくことを期待したいですね。

Cariru


ユーザーニーズ:
ブランド物のファッションを身につけたいけれど、一点一点が高価だから買うのに勇気がいるし、そもそもあまりたくさんは持てない。もう少しカジュアルにブランド物を身につけられるような方法はないかしら。
サービス概要:
人気ブランドのバッグやドレス、シューズなどを簡単にレンタルできるサービスです。結婚式の衣装やデートのファッションなど、TPOに合わせてコーディネートを楽しむことができます。話題の新作を楽しむのもよし、購入する前のお試しに使ってみるもよしです。
シェアの目の付けどころ:
ブランド物という非常に高価で、流行の移りも激しい物に着目したのが上手いですね。ハレの場で使いたいものであり、押し入れに眠ってしまいやすいものだからこそ、ピンポイントで安く借りられるこのサービスが喜ばれています。

CtoC型のシェアサービス>
AQUSH


ユーザーニーズ:
将来のことを考えて貯金を積み立てているけれど、銀行に預けたり保険に加入したりしているだけじゃ今ひとつ増えていかない。かといって株や不動産投資を始めるのはリスクが高くて引けてしまう…。
サービス概要:
ソーシャルレンディングというお金の新しい貸し借りの仕組みを取り入れたサービスです。ユーザーは複数の査定を経てAQUSHグレードという公開ランク付けがなされ、高ランクな人ほど低リスクで貸し借りができます。個人間投資のため利率も大きく、これから注目が期待される投資方法です。
シェアの目の付けどころ:
個人間投資という発想を日本国内に取り入れて、借り入れの障壁をグッと低くしてくれました。貸す側も銀行に預けておくよりリスクは高いですが、株式などに投資するよりはリスクが低く高利率なため、これから人気が集まっていくでしょう。

Livlis


ユーザーニーズ:
身の回りにゲームとかフィギュアとか要らないものがあるんだけれど、タダで捨ててしまうのはもったいないから貰い手がいたら喜んで譲りたい。と思いつつ、結局なにもしないままTwitterを眺めているんだけど、眺めてるうちに欲しいものが増えていくんだよな、これが。
サービス概要:
自分のいらなくなったものを、欲しい人が譲り受けられるシェアサービスです。TwitterIDでログインできるため、だれでも簡単に利用することができます。原則ポイント制のやり取りになるため、費用もかからず感覚は物々交換に近いです。細かいサービス説明を全てnanapiで行っているのもまた面白いですね。
シェアの目の付けどころ:
Twitterに馴染みの深い若年層をターゲットとして狙い撃ちしています。Twitterのアイコンが表示されるため、まるでTwitterのタイムラインを見ているような雰囲気で独特な居心地の良さを憶えます。



いかがだったでしょうか。

今回ご紹介したものには、いずれも「使わない時間がかなり長くあるもの」という点が共通しています。いつもいつも使うわけではないからこそ、使いたい時に少し使えるようにしてあげると喜んでもらえます。あなたの家に、実家に眠っているものにも「シェア」サービスを始めるチャンスがあるかもしれませんね!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...